読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブレない芯

どこにいても

何をしていても

誰と会っていても

ブレない芯

あの人を想う心

それ程大きな食い違いはないから、大きくぶつかる事はないけど。

少しずつのズレを少しずつ修正してきて、お互いが心地よい位置にいる。

『もう俺の一部だよ』と彼は言う。

当たり前のタイミングで当たり前に連絡をくれる。

彼のルーティンに私が組み込まれている。

それでも寂しく思う時もある。

何回も何回も私が諦めそうになる度、誰よりも心は近くにあると何度も何度も伝えてくれた。

あなたに会った次の日がいちばん寂しい。
あなたの腕のぬくもりが残っている時がいちばん寂しい。

その寂しさを感じられるのは、彼に恋をし続けている証なんだろう。

この想いが今の私の芯。

40才、50才、60才の私をもきっとあなたに恋してるでしょう。