読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海と、山と、自然と共に

今日鎌倉から一旦都内へ移動します。
鎌倉での体験を消化するために、一旦離れて見てみる。


海と生きる人

山と生きる人

自然と共に生きる人

しっかりと大地に足をつけて生きている人達

日々の生活を大切に。
目の前の事を丁寧に。

生き方や、在り方で命を輝かせて生きる事を表現している。

そばにいると、心地よさと息苦しさが半分半分位自分の中にある感情を感じて。

息苦しさは、自分がまだまだ《こっち側》と《あっち側》を行ったり来たりしているからだろう。

あっち側に行ったら『こうでなければならない』枠にまた自分をはめようとしているからだろう。


そうゆう生き方が正しいとか、正しくないとかではなく。

自分が楽に呼吸ができる生き方を探しているのだ。

人それぞれに。

《あっち側》に行ったからといって、苦しい事がなくなるわけじゃない。
悩みがなくなるわけじゃない。

雨が降れば、晴れる日もあり。

嵐が来れば、穏やかな日もある。

それが、当たり前。

人間だけが、いつも常に凪ていようというほうが不自然なのかもしれない。

どんな波が来ても恐れずに、波を楽しむくらいでいいのかもしれない。