読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根無し草

帰るおうちがあること。

美味しいご飯が食べられること。

感情を分かち合える家族がいること。

当たり前の、当たり前の事を。

根無し草はずっと探していました。

根を張る場所を、ずっとずっと探して。
世界中を旅しました。

どこに行っても自分の居場所じゃないように感じて。

『あぁ。ようやく見つけた!』と思ったとたん、スル~っとすり抜けて行きました。

なんでだよ。
なんで僕だけ。
なんで僕だけずっとひとり。

根無し草は、アイスル事とアイサレル事を知りませんでした。

愛がなんなのかを知りませんでした。

自分が本当は根無し草じゃない事も知
りませんでした。

たくさんのお花達がどんどんきれいに咲いていき、子供のお花も生まれてお花にたくさんの人が集まっていて。

とても眩しく見えました。

僕も種を蒔いてキレイな花を咲かせたいな。


f:id:Yuruyura:20160619161109j:plain



根無し草をいつも心配に見ていた白いお花さんは、いつも祈っていました。

『根無し草さんが幸せでありますように。』

『根無し草さんの咲かせる花を見てみたいな。』

青いお花さんも願っていました。

『根無し草さんが幸せでありますように。』

『根無し草さんが明るく楽しく笑えますように。』

黄色いお花さんも。

『根無し草さんにたくさんのお水と愛をたくさんあげよう。』

『根無し草さんが、たくさん愛されている事に気づきますように。』


たくさんの仲間達からたくさんの愛をもらい、元気になった根無し草さんは自分もキレイなお花を咲かせる事ができるのかもしれない。と、きぼうを持ちました。


『どこに種を植えるかは自分で決めていいんだ。』

空の遠く上の方から聞こえました。

根無し草さんは、来る日も来る日も一生懸命考えました。

そして、大好きな青いお花さんの所に種を蒔こうと決めました。

『なんで?』

青いお花さんが大好きだから。
それだけだよ。

大好きな青いお花さんの所で、キレイなお花を咲かせたいなと風に乗って飛んで行きました。