御言葉 十一面観音様

真面目すぎる

もっと遊びなさい



f:id:Yuruyura:20160629114213j:plain


観世音菩薩が救済の対象に応じ三十三に身を変化するという『観音経』
その救済は、人間界のみならず天上界、地獄界、餓鬼界、畜生界

ゆるやかに繋がる

ゆるやかなグラウンディングをしている方のセッションを受けて、首がだいぶだいぶ緩んだ。

やっぱり、ボディワークはしっかりとその土地に根付いている人から受けるのがいい。

そして、身体と生活と丁寧に向き合って生きている人からのボディワークは安定感があり深い。

ああ、自分がその土地に住まなくても、そうゆう人からボディワークを受けて土地と仲良くなる方法もあるね!


その方からのご縁で、金沢から来ているyogaティーチャーのyogaを体験する事になった。
同年代の彼女は、同じように生き方を模索していて。
そんな話を共有できるのが嬉しかった。
私は今いる位置の少し不安定な感じを無理して着地させず、フワフワ漂っている感じをただ味わいたかったのだ。
そして、そんなたゆたう感じを誰かに共感してもらいたかったのだ。

『そうそう!そ~ゆ~時期あるよね~』と。


その位置を超えた少し先輩の話も聞けて、あぁこの旅はとても大切な旅だなぁと感じた。
旅の資金もそろそろ底をつきそうになり、きっとせかされるようにまた仕事につくだろう。
《バカなの?》と自分に問うこともある。
こんなギリギリの経済状況や精神状況に追い詰めてるのは自分。
もう!修行はいらないんだってば~と思いながら、ギリギリから生み出そうとするクセがぬけ切らん。


しかし、今の『たゆたう』時期をきちんと味わえた事はきっと大切な栄養になるだろう。

yogaが終わると、お昼ご飯を用意してくれていた。
旅人にはおうちご飯が何よりのごちそうだ。
『2人も3人も一緒だから』と私にも食事を提供して頂いて、3人で食べるご飯は特においしかった。

あぁ。
私もいつか家を持った時、同じように人生の隙間に入り込んでいる旅人に出会ったなら、おうちご飯を作っていろんな話をしたいなぁ~。
『私もそんな時があったよ~。でも、そんな時でもいつも1人じゃなかったよ。人とのご縁は本当に大切だよ』と。


少し昼寝をしようと帰る途中、隠れ家カフェを見つけた。

古民家再生プロジェクトで作られたカフェ。
そこで見つけたポストカードにあったジュエリーに惹かれた。
近くにあるセレクトショップだというので、行ってみるととてもセンスのよいシンプルなアクセサリーや小物があった。

たわいない世間話をしながら、自然にお互いにいろいろな話をし。

シロネコと暮らす事を一番大切に今の暮らしを選んだ女性。


女性として、いろいろな人生。
いろいろな生き方があるなぁ。

私はきっと、初対面の人からも話を引き出すのが得意かもしれない。
いつの間にか、以前からの知り合いのような(もしかしたら、本当に知り合いかもしれない)感じに自然にすっ~と相手に入り込む所がある。

いつの間にか、私は相槌のみで相手が話している事が多い。

きっと、それが私のニュートラルなありのままかもしれないなぁ。

さぁ、明日も流れるままに大仏さんに会いに行きましょう。





f:id:Yuruyura:20160628165011j:plain





旅はいいね。


直感を磨いてくれる。

弁財天さんと五頭龍

会えた(^_^)会えた(^_^)

ようやく会えた。

洞窟、すごかったなぁ。
なんか、すごかった。

弁財天のお使いは、白蛇さんなんだと。
巳年の私は弁財天さんのお使いしてるのかしら???

来れて良かった。

この旅は、やたらと亀に会う。


f:id:Yuruyura:20160627215026j:plain



江ノ島はなんだか、久米島奥武島みたいだ。

ここにきて、やたら富士山の近くに行きたくなるなぁ。

会いたい人に会う旅

ある、ホリスティックセラピーを学んだ時に神戸のクラスで会ったボディワーカー。

ゆるやかにグラウンディングしてる彼女のボディワークを受けるのこの旅の目的のひとつ。

きっと、ボディワーカーとして同じような壁にぶつかり今のあり方を模索して来たのだろうなぁ~と。

クラスではそれ程話したことはない彼女が気になり鎌倉まできた。

きっと、これからこんな風に生きていきたい未来の自分を見ているのかもしれない。

http://z-p-t.jp/

暮らすように旅をする

その土地を味わうとき。

最低1泊はその土地で寝てみる。

私はちいさな頃から、大切な事は夢から教えてもらっていた。

その土地の気がバランスされていると寝心地がハンパなくよい。

歴史ある古い建物で、大切に手入れされてあるゲストハウスは大抵寝心地がいい。

そこに集まる人のエネルギーも軽い。

時間が許すなら、一週間そこに滞在してみる。

暮らすように旅をしてみる。

ゲストハウス

旅は道連れ 世は情け

旅をしているといろいろな人に出会う。

特にこの旅は看護士さんに出会う事が多い。

昨日はドイツから、客員教授で日本に来ているという女性と話が盛り上がり。
持ち寄りご飯会で近所の方やゲストと交流する場を設けてくれた。


今日は、フランスから5週間の休みで日本に滞在しているメンズに会った。
英語オンリーなので、あまりコミュニケーションは取れなかったけど(>_<)

宮城県から1人旅で来ている看護士1年生。
初1人旅で初ゲストハウスだそうだ。

久米島でゲストハウスをやるのも悪くないかなと思った。 
数年後かな。