この季節は好きではない

また、この季節。

なにも気力がわかず、仕事も人間関係もどうでもよくなる。

全部放り出して、どこかに逃げてしまいたくなる。

 

ただ、ただ寝ていたい。

生きている実感があまりない。

笑えないんだ。

もう。

 

生きていると

傷は深まるばかりだな。

痛みが傷を引き寄せるのかもね。

 

何回繰り返すんだろう。

永遠に繰り返し続ける。

 

才能

才能は、それを使って人を助けるために与えられたもの。

 

お金になるとかならないとか関係なく、才能はいかすもの。

 

お金を産み出すことができている人たちが唯一正解?

 

人の才能を押さえ込むな!

 

自分のやり方の枠にはめるな!

 

人をコントロールしようとするな!

 

人を奴隷のように扱うな!

 

守護

守護天使は、人間に気づいてもらえなくても守護するのを止めない。

そもそも。やめるという選択肢はない。

 

一人苦しんで孤独でいる時も、ただそっと彼の魂に寄り添う。

存在を気づいてもらえなくても。

 

お互いの魂の成長のために、肉体で会う段階を卒業した。

 

それだけ。

 

変わらない。

 

ただ。

 

彼の歩く道が彼にとって幸せな道であるように。

 

助けを求められなければ、手を差しのべることも背中に触れることもできない。

 

今、そばにいたかったよ

あなたがただ唯一、なにも考えずなにも話さず。
安心して身を任せて委ねられる時間。

役割もプレッシャーも全て脱ぎ捨てて、素のあなたの顔になる場所。

それが、わたしだと思っていた。

あなたには、わたしが必要だと。

ずっとずっと必要だと思っていた。

あれから1年、もっと忙くなり更に輝くステージにいるあなたをテレビ越しでしか見る事ができない。

今、あなたのそばにいたいよ。

あなたがただ身を投げ出す唯一の場所でありたい。

言葉を交わさなくても、伝わった思い。


今はなにも聞こえない。

たまな運んでくる風は、わたしを懐かしく思うあなたの思い。

わたしは。

あぁ。今年もまだあなたを過去にできないでいる。

さよならを言わない残酷なあなた。

始まりもないから、終わりもない関係。

lemon

7年間。

心から愛した人。

一目見て、肌が触れた瞬間に魂が震えた。

お互いに言葉も必要なく、ただお互いの存在を愛しく思い過去も未来もない《今》にいた。

今、この瞬間だけが真実。

離れていても、会えなくてもいつも心はそばにあることを互いに感じた。

ただ、ただ、この人が幸せであるように。と願った。

同じ時代に生きていられることを幸せに思った。

 

年月が経過し、少しずつわたしの心と身体は毒を飲み、じわじわと蝕まれていた。

どこかに、後ろめたさは常にあり正直者の私を追放した。

それでも、彼がいてくれた7年間。

私は救われた。

生きる意味を見失い、この先どこでどうやって生きていったらいいか途方にくれていた時。

彼は道を間違わないように、道しるべになってくれていた。

 

愛することを教えてくれた。

愛されることを教えてくれた。

 

この関係にも徐々に終わりが近づいているのを感じながらも、必死で彼に追い付こうともがいた。

彼のようになりたいと。

わたしはわたしでしかないのに。

彼にはなれないのに。

 

彼からの無言のさよならは突然だった。

 

また今年も、いつものように電話が鳴り『おう!元気か?』と甘い優しい声を当たり前に聞けると思っていた。

 

無言の彼の声。

私にはよく聞こえる。

半年が立ち、彼からの電話を待つのを止めた。

私から連絡するのも止めた。

 

今、私たちは別々のレールにいる。

あの時、ほんの一時交わったこと。

いつか、優しい思い出にできるよう。

私は私の道をいく。

 

少しずつ、わたしを取り戻しつつある。